報連相を勘違いするな

皆さんは新入社員研修、外部研修などで「報連相」を習いましたか?

習っていたとしたら、その研修は正しくありません。

忘れる必要はありませんが、参考程度のものであったと理解しましょう。

報連相は

報: 報告

連: 連絡

相: 相談

を表し、上司の部下に必要なコミュニケーションを指しています。

上に書いたとおり、新入社員に大切なこととして研修で習うことが多い言葉ですが、この言葉の始まりは社員のしつけ的な意味を持たせたものではありませんでした。

調べてみると、1982年に山種証券社長の山崎富治が社内キャンペーンで始めたことが始まりのようで、その内容が書籍化され、ベストセラーとなり広まったようです。

人は、都合の悪い情報やデータは遠ざけたいものです。

その真の問題点を積極的に改善していく管理職としての心構えのを表す言葉であり、部下や平社員の努力目標が本来の意味ではないのです。

誰でも、ミス、失敗の報告はしたくないものです。

怒られることを好む人はいないでしょう。

それでも報告を上げさせるために、管理職、上司はその”バッドニュース”を上げやすくする環境を作らなければならないのです。

トラブルの早期解決は管理上重要な事ですが、情報伝達の遅れで遅滞させない環境やシステムが大切なのです。

「報連相」とインターネットで検索した時、これらの意味を正しく解説している記事は半分くらいでしょうか?

「上司は忙しいからタイミングを考えろ」などと、ビジネスマナーと称して、捉え方を間違えた情報が目に留まります。

これを鵜呑みにして「部下の事」と考えてしまい、管理職の方の考え方を改善する機会が失われてしまうとしたら、はっきり言って害のある記事だと言えます。

本来と違う意味で指導する以上、「報連相」という言葉を使ってはいけないのです。

結果、上司の心構えという理由は消えてしまいそうになるのです。

当然、部下、平社員としては「管理職の事だから自分は関係ない」ではいけません。

上司が「報連相」を求めている事を理解し、仕事が円滑に進む方法を考えたり、努力していく必要があります。

考えてみれば、新入社員は仕事が分からなければ誰かに聞こうとしますし、仕事上の良い報告は躊躇せずするでしょう。

報連相の対応はひとえに”悪い情報をどう上司に報告するか”にかかっているのです。

報連相に大切な事は、報連相にて悪い報告を受ける管理職の”聞く耳を育てる事”にあります。

報告を聞いて怒りたい気持ちが生まれてくることもあるでしょう。

何度言っても聞かない部下に怒鳴り散らしたくなる時もあるでしょうが、本当に必要な事は今発生しているトラブルの対応と再発防止ですのでこらえてもらいましょう。

怒るのは後でよいのです。

報連相や、業務改善、なぜなぜ分析等、最近のコンサルティングや、WEB上での検索結果は、管理職がやってしかるべき、または役員・管理職・社員関係なくやっていかなければならない取り組みを、社員だけに押し付ける内容が大変多く見受けられます。

やはり、コンサルタントの顧客は「企業」ではなく「経営者」なのだと思う訳です。

経営者や管理職が楽を出来る内容を提供するので、それはみんな飛びつくわけです。

しかし、実際は会社全体で取り組む内容を社員に押し付けているに過ぎないので、効果が限定的になります。

物事の何が正しいかは、コンサルに相談したとしても、最終的には自分で見極める必要があると思います。

報連相は、30年以上前の手段で、現在では採用しない企業もあるようです。

部下の自主性を重んじるために、いちいち報告を求めない。報告・連絡は利益を生み出さないという考え方です。

また、製品開発などで、製品数が多すぎて、上司の製品知識が及ばないため、報連相なしで製品開発を行う企業もあるようです。

部下に対する信用と期待の高さがうかがえます。

報連相ができていない原因を、社員のせいにしていませんか?

経営者の方、管理職の方は、まず自分がその問題について何が出来るかを考える必要があるのです。

あなたは「話しかけたくない上司」なっていませんか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする